こんなお悩みはありませんか?

初めての方

条件にあてはまるかわからない

どんな書類をそろえていいのかわからない

申請書の書き方がわからない

一度申請した方

自社で申請したが、採択されずなにが悪かったのかもわからない

申請書の作成を依頼したが内容がうすっぺらかった

もうあんな苦労をしたくない

選ばれる3 つの理由

01.貴社を知ることから始めます

貴社のビジネスをお話しください。
創業からのこと、現在のこと。
そうしたことで、申請書のストーリーに現実感が溢れます。


02. 採択にこだわり万全サポート

今や申請書はプロの土俵です。
当社が採択率の高いフォーマットを使い少しでも採択率を高めます。
最低3 名が目を通し、案件の精度を高めていきます。


03. 圧倒的な実績

弊社は第5 回までで支援企業38 社、採択額12.7 億を誇っております。
その為、今までの実績から導き出した独自のノウハウがあります。
業種に特化したコンサルタントもいる為、他社には負けません。

事業再構築補助金とは

新分野展開、事業転換、業種転換、業態転換、または事業再編という取り組みに対する補助金(最大1 億円)です。
補助対象経費は建物費、建物改修費、設備費、システム購入費、広告宣伝費等も対象になります。
他にどのような経費が対象になるのか等、まずはお気軽にご相談ください。

事業再構築補助金概要

項目 補助限度額 補助率
通常枠  
8,000万
 
2/3(6,000万を超える部分は1/2)
大規模賃金引上枠  
1億
 
2/3(6,000万を超える部分は1/2)
卒業枠 1億 【回復・再生応援枠】
限度額 1,500万円
補助率 3/4
グローバルV字回復枠 1億 【最低賃金枠】
限度額 1,500万円
補助率 3/4
緊急事態宣言特別枠 1,500万 【グリーン成長枠】
限度額 1億円
補助率 1/2

対象経費

  • 建物費
  • 外注費
  • 専門家費
  • システム構築費
  • クラウドサービス利用費
  • 研修費
  • 広告宣伝費
  • 技術導入費
  • 専門家経費

対象外経費

  • 人件費
  • 車両
  • 家賃
  • 株式の購入費
  • 光熱費
  • 汎用品
  • 自動車等車両費
  • フランチャイズ加盟料

事業再構築補助金採択事例一覧

飲食業

【業種】飲食業
【エリア】東京都
【社員人数】30名

補助金申請金額 3,000万円

申請内容:厨房のリニューアル、瞬間冷却装置、ウェブサイトの構築費用、広告宣伝費、デザイン等の外注

新分野展開

直面した課題

コロナの影響で、夜間営業ができなくなり売上が大幅にダウンした。そのため新規事業を考えるようになったが、費用面で踏み出すことが出来なかった。

結果

テイクアウトできるメニューを開発するとともに、それを瞬間冷却することで遠方の方にも食べていただけるようにECサイトでの販売を開始しました。すると売上も徐々に回復し今では、コロナ前の売上を回復するまでに成長いたしました。

お客様の声

補助金を活用する事で、新たな取組みに踏み出すことができました。もし、補助金申請を考えていなければコロナ禍で苦しい状況が続いていたと思います。補助金申請だけでなく、様々な提案をして頂いたき既存事業も工夫を繰り返しコロナ後も見据えて準備をしております。

葬祭業

【業種】葬祭業
【エリア】埼玉県
【社員人数】15名

補助金申請金額 4,000万円

申請内容:申請内容:小規模葬儀対応のための、セレモニーホール建設費、オンライン葬儀の導入費、祭壇などの設備費用

業態転換

お悩み

コロナの影響により、人が集まることが難しくなりさらに通夜や葬儀時の会食が自粛になるなどにより、葬儀の規模が大幅に縮小されました。

結果

小規模ホールの新設により、従業員の配置を最小限にでき効率のいいオペレーションによりコストを抑えることが可能になりました。また、オンライン葬儀の導入により、葬儀に参列できない方かたの供花や弔電の注文がが増加し売上を補填することができました。

お客様の声

今後は、この小規模ホールの出店に絞り、より低価格で品質の高い葬儀サービスを提供できるように行って参ります。また、葬儀後のアフターサービスの充実により顧客満足度を高めて参ります。

事業再構築補助金申請の流れ

01. お問い合わせ/無料診断
02. お申し込み
03. 書類作成/打ち合わせ
04. 書類提出
05. 採択決定
06. 交付決定

さらに

補助金申請以外の資金調達も
サポートいたします。

年間平均調達額 2,000万円

国の制度は融資や助成金など数千種類の制度がございます。
国だけではなく都道府県別でメリットがあるものもございます。
様々な制度を組み合わせることによって、驚愕の調達額を実現できます。

他にもこんな制度があります

他にもこんな制度があります
  • HP作成費用負担の補助金
  • 採用する時にもらえる助成金
  • 事業所ごとでもらえる助成金
  • コロナ関連の特別融資

他にも100種類以上あります

申請できなと思っていたら、大間違い!
完全に損しています。まずは無料診断から。