【ブランド変更までの実践方法】フラッグ・マーケティング ブログ第266号

未分類

【ブランド変更までの実践方法】フラッグ・マーケティング ブログ第266号

フラッグ・マーケティング コンサルタント 小泉 悟志
~ずっと見つからなかったあなたのフラッグがみつかります

クライアントの葬儀社で
ブランド変更に取り組んでいます

まずやっていることが
地元の人たちに
どの様な葬儀社であるのかを
一文で伝える言葉探し

役員の方3名と
ブレストしながら
いろいろな言葉を
出していただきます

30分ほどブレストしたら
その中から気になる言葉や
しっくりくる言葉をピックアップします

そして2週間後の宿題
その言葉を使って
10個の一文を作成して
もらいます

2週間後30個の
文章が並びます

その中か各自3つを選択し
5つが残りました

その5つの中を
組み合わせたりしながら
全員が腑に落ちる
1つの文章が完成しました
まだ発表できないのが残念ですが
すごくその会社にあっている
いい文章で
葬儀にあたり常に
そんな気持ちで取組んでいく
社員にとってもそんな葬儀を
やって行くんだという気持ちさせる
そんな言葉がみつかりました

次は それをもとに
3行のサブキャッチを
つくる作業をはじめています

ドラマから学ぶDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)
~言葉の力が心を動かす~ 第266号
2020年2月10日 テレ東 【病院の治しかた】

『経営の都合でリストラをすれば
信頼関係が失われ
転職する人たちもでる
人材こそが財産の病院にとって
それは大きな損失なのです』

人材が大きく影響する事業にとって
リストラすることの重みを理解しないと
どんどん悪化していきます
やるなら絶対復活できる
スキームを組んでやる
ダラダラやって歯止めがかからない
中途半端なことでは潰れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました