【お寺にもフラッグが必要な時代に 】フラッグ・マーケティング ブログ 第194号

未分類

【お寺にもフラッグが必要な時代に 】フラッグ・マーケティング ブログ 第194号

フラッグ・マーケティング コンサルタント 小泉 悟志
~ずっと見つからなかったあなたのフラッグがみつかります

昨日は、終活ビジネス研究会で
お寺のご住職お二人にお越しいただき
お寺の経営事情についてききました

時代が変わり
お寺に対する風あたりが強く
檀家離れ
葬儀の簡素化 など
収益がどんどん減っている
そのため人を雇う余裕がなく
家族でなんとか回している
掃除 読経
宗派からの奉仕の要請
バックオフィス業務 などなど

もしかしたら、最近でいう
ブラック企業と言われるくらい
大変かもしれません

これからどのように
お寺が生き残っていくのか
お寺にもフラッグが
必要な時代である

ドラマから学ぶDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)
~言葉の力が心を動かす~ 第194号
2019年10月22日 TBS 【G線上のあなたと私】
波留 演じる バイオンリン教室に通う女性が
同じバイオンリン教室に通う 中川大志 演じる
恋に悩んでいる 大学生に一言

『自分を動かせるのは
自分しかいないんだなーって

人間やっぱり
止まってたらダメなんですよ

だから気持ちは伝えた方がいいです

それで理人くんが次のステップに
進めるならその方がいいとあたしは思う』

結局 最後は行動することでしか
変えられない
考えすぎる前に行動すれば
新しい考えが浮かびます

コメント

タイトルとURLをコピーしました